« D1SL&LL 間瀬 予選日 | トップページ | 9月29日 3UP富士ジムカーナに参加の皆様へ »

D1SL&LL 第5戦 間瀬サーキット 本戦日

16_2 18

7:00 ロビーに集合。寝坊せずにキッチリ集合できました!
藤野君チームでは・・・「起きない人が居る」と大騒ぎしている(@Д@;

19 21

目の前のコンビニで買出しを済ませ、間瀬サーキットへ30分

24 25

朝一番で、昨日の走行後に出来なかった下回りの車輌点検
問題を1つ発見! 予備部品に交換してもらいました!

練習走行は10分×2本 7分位でチェッカーが出るので、4週出来るか?
って感じです。

すぐに練習走行開始。追走相手の岩本さんと走りました。
単走もままならない私。
昨日イメージした追走シュミレーションを思い出しながら走ってみるけど
やっぱり2コーナー「ヘタクソコーナー」が上手く使えない。
4週走ってやっぱりチェッカー。 短すぎる・・・

2回目の練習。 また岩本さんと走ってみるけど、怖いって思っちゃう
知っている人なら、ちょっと「ゴチン」する勢いで行けるけど(当たった事はまだ無いけど)正直、間瀬を掴んでいない私は、不安でいっぱい

D1SLインターの30台の予選が開始され、レディースの追走まで3時間ほど
間が開きます。 コレがまた辛いんだ。

26 インターのレベルの高い単走を
ちょっと見学。

知っている人の走りは見て応援
ってか・・・ やっぱ、すげぇや
めちゃっ速! 
次元が違い過ぎて参考にならない

トシ・加治も勉強中
すぐには出来ないと思うけど( ^ω^ )

さて、脳内ドリフトをしながらも、暇を持て余しブラブラ。
インターの予選が終わって、全員のミーティング。
ベスト16に進出する結果発表と、追走のドラミです

27 28 29

予選1番通過から発表。 ドキドキ

31 35

聞いている私のほうがドキドキする位・・・ いやぁ~16位通過の↑デブブ
はぁぁ~良かったぁ!

33 34

名前を呼ばれて「ホッ」とする瞬間の顔。見逃しませんでした( ´艸`)プププ

38

すっごいメンバーだ。 やっぱなぁ~ レベルが違うよなぁ~

37

最後に、レディースだけ残って追走の説明

23

すぐに、追走が始まります。
車輌の準備をして、お世話になっている業者様の旗をあげて入場
と思ったら・・・コース入り口にあるトンネルに旗が引っかかって・・・モゲた

急いで直して整列&入場。 ドタバタですわ。
旗を片付けて、無線を繋いで・・・ と慌てて準備していたが
そうだ、私最後の追走(4番目)だから、慌てる必要なし!

コースに出て、始まったばかりの追走を見学
肝心な所が見えないので、あまりイメトレにはならないが・・・
ってか、小さすぎてイマイチわからないし、コメントも聞こえないし・・・

自分の番がやってきた。待ち時間、いきなり本番。気持ちの入れ替えが難しい
最初はウォーミングアップでタイヤの温めです。
初めての熱入れ。イキナリのドリフト走行。 取りあえず先行の走りを練習

うわっ なんだ?! すっごい滑る! 熱が入っていないから???
多分・・・そうなのかな? 午前の練習走行とはまったく違う手ごたえで
ちょっとビックリしてしまった。

もう本番。最初は先行 とにかく単走の走りを!と心掛けて、
岩本さんとアイコンタクト。 午前の練習と同じようにゆっくり加速して出る
後は、もう自分との戦い。 後ろを見る余裕もまったく無い(いつも通り)
とにかく、走りきっただけ。

続いて後追い。 少しだけ距離を置いて付いていく。
やってきたヘタクソコーナーは、ケツ(R加重)で待つ。
待つ。 待つ。 え? ん? ダメ! 待てない。
岩本さん。失速。 はっ!避けなきゃ! シフトミス?クラッチ滑った?
戦わずして・・・ 終了。 気合が入らないまま勝ち上がってしまった。

PITに戻って、ジュースを呑んで、すぐに次の準備。
相手はねぇさんこと新見理恵ちゃん。

ってか、すっごい滑るんだけど。 もしや・・・
岡崎「加治さん、もしかして、タイヤ エアー張ってる?すっごく滑るんだけど」
加治「練習と一緒3,5キロです。なんだか滑るって他の人も言ってました」
岡崎「ふ~ん・・・ どうしよう・・・」

押田検査官がボンネット開けろという。 ん?なんで?どうして?

一応、オイル漏れが無いかの点検だと言う。
漏れはなし。ボンネットが閉まった途端に「スタート」と言う。

三上「気持ち入れて行けよ」

私は・・・ あっいきなり後追いかぁ~。 えぇ~と・・・ 間合いを近くに取って・・・
近すぎたら、スピンしちゃうかなぁ? ねぇさん速いからなぁ~、
滑るからなぁ~、怖いなぁ~、ドレ位の間合いなら良いのだろう?

ちょっと頭がいっぱいいっぱいだけど、よし!やるぞ!

後追いスタート。 1速からフル加速のねぇさん。 あぁ速い!速い!
少し置いていかれた感があるけど、ヘタクソコーナーでサイド進入!
の時点で、もう離れ過ぎ。 どんどん差が開く。 ねえさんが行っちゃう
ねぇさんが小さく見える位遠くに行っちゃった~~~。 あぁぁ~(;;;´Д`)

先行は、正直 滑るこの路面。怖かった。 全然グッと来ない。
加速もイマイチ。シャラシャラとドリフトしてしまった。後ろを見る余裕はまったく無い
審査員コーナーを必死に抜けて・・・すぐに

三上「はい負け。お前やる気あるの?何あの間合い?何の為のシュミレーションだよ」

怒る。っていうより「呆れてる」口調が怖かった。

正直、頭が真っ白。 負けて戻って・・・車を降りて、何が起こったのか?
とにかく頭が真っ白で、押田さん車に乗り込んで一服して考えた。
何がダメだったのか???

39 3日間、見守ってくれた
篤美さん、神谷さんの顔が見れない

暑いものが込み上げそうになるから
ちょっと考えないようにしてた。

インターの追走が始まり・・・
見学しながら、すげぇ すげぇ
何が足りなかったのか・・・
イヤでも気が付いた。一人になりたかった

表彰式が終わり、片付けです

43 42

マンキ 改め のんき さん( ̄▽ ̄) キィィ~っていうブレーキの音
今でも焼きついています( ´艸`)プププ
夜を頑張って満喫しすぎちゃったからなのかしら???

40 41

ダメダメの2人で記念撮影。↑のんきさん はぁぁ~ 反省。しきれない
一生懸命攻めて失敗したなら・・・

45 47

フェデラルタイヤ大場さんに「活」を入れてもらいました
ショボ~ン (;´Д⊂

44

篤美さんたちと別れ際、もう顔が見れなかった。
精一杯、空回転しちゃっている私を、ギュッと抱擁しててくれた篤美さん

最後の方になっちゃったけど、食事をして温泉に入る。 女湯に一人

Photo_2

21:00閉店の太古の湯で・・・ 湯船に浸かりながら・・・

ねぇさんが速かったから置いて行かれた。って思いたかった。
私、失敗を恐れて・・・チャレンジしなかった。
皆、私の走りを見て気が付いているよね。気持ちは走りに現れるもん

何の為に・・・篤美さんや神谷さんが来てくれた?
負担の多い間瀬サーキットを安心して全開で走れるように毎回チェックしてくれたのに
何の為に、追走のロケット練習をしていた?
三上、トシ、加治さん、みっちゃん、澄花、ねえさん、皆で練習付き合ってもらったのに
何の為にシュミレーションだった?
ココであぁで、こうやって・・・って昨日の夜、真っ赤な目を擦りながら考えたあの時間は何だったの?

あの時・・・ベタベタで行ったら、絶対に失敗する。私スピンしちゃう。
失敗するのがイヤだし、怖かった。 だから、あんな気合の入っていない間合いになっちゃったんだ。
自分に、、、自分の心に 負けたんだよ。
たしかに、ねぇさんは速かった。 それは、この「勝負」に対しての情熱だ。
戦う前から、私は「負け」ていました。

頑張ってチャレンジして失敗したなら練習すればいい。
こんな負け方。 だから・・・ 後悔し切れません。

一人、大泣きした。 寝湯に浸かりながら・・・大泣き
お風呂で子供4人に踏みつけられましたが、えんえん泣いた。
バカだ。私 大バカだ・・・。 皆に申し訳なくて・・・申し訳なくて・・・

風呂上り、三上にキチンと↑の事を伝え、謝って・・・ 
トラックで帰路の途中、泣き疲れてしまったが・・・ 篤美さんに謝りたかった
遅くに電話で長話し。 本当に、ごめんなさい。

三上「今、気が付けたのは幸いだ。その気持ちを忘れるな」

そのまま・・・眠ってしまいました。

1_2 2_2

上里SAまで頑張ってくれた三上と運転交代。

3_2 7_2

2:30帰宅 3:00 興奮して眠れません

私を応援してくださっている多くの方々に出来る恩返しの走りを・・・
私は、チャレンジャーです。 失敗して当たり前の新人です(最年長ですけど)

私の甲子園 レディースリーグ。 当たって砕けろ精神で頑張ります
結果は・・・ まだ出せるか判りませんけど、とにかく100%で戦います!

人気ブログランキングへ 一生懸命な中年も、かっこ良いと思います!

↑ポチ ってお願いします

|

« D1SL&LL 間瀬 予選日 | トップページ | 9月29日 3UP富士ジムカーナに参加の皆様へ »

ドリフト大会・走行会」カテゴリの記事